12-03 ダッキーの帰郷 So It Goes

 

画像の説明

走行中の車が砲弾を受けて爆破され、被害者は当初、ダッキー先生のイギリス時代の古い親友と思われた。捜査のため、ビショップと先生はイギリスへ向かった。




 

画像の説明


事件現場にて。

被害者が自分の古い親友のアンガスだとわかり、複雑な表情のダッキー先生。



 

 

画像の説明


解剖室の前にて。

ギブスは先生を思いやって、他の人に任せようと提案しますが、先生は自分の仕事に向かいます。



 

 

画像の説明


死体を調べた先生は、親友とは別人だと気づいて喜びます。





 

 

画像の説明


若かりし日の先生。
当時は “ドニー” と呼ばれていました。

ドニー語録:その1
切符を買う際の駅員について「話が長くて参ったよ。」

 

 

 

画像の説明


死体は別人でしたが、親友のアンガスは行方不明になっていました。

ギブスのはからいで、先生もビショップのイギリス行きに同行することになりました。

 

 

 

画像の説明


すでにエレベーターに乗っているビショップに合流するため、駆け出す先生。

この後、ビショップに話しかける先生は、息ひとつ乱れていません。

 

 

 

画像の説明


イギリスに到着した先生。

若い頃に心を寄せていたマーガレットが目の前に現れて、心がざわめきます。



 

 

画像の説明


マーガレット、アンガスとの思い出。
この送別会で、マーガレットから蝶ネクタイ、アンガスからメスを贈られます。

ドニー語録:その2
産科に進むと宣言し「もう死体には、うんざりだ。」

 

 

 

画像の説明


アンガスのオフィスにあった古い写真。

ドニー語録:その3
蝶ネクタイについて「首を絞められる方がマシだ。」



 

 

画像の説明


写真についてコメントする先生。

ドニーはイリヤよりもワイルドな感じですが、黒いタートルネックが泣かせます。



 

 

画像の説明


アンガスのパソコンを調べるビショップと、それを見守る先生。





 

 

画像の説明


ビショップが気を利かせて立ち去り、2人きりになった先生とマーガレット。





 

 

画像の説明


人生を共にしたいと願っていた女性を前にして、血の気が多かった若い頃を思い出す先生。





 

 

画像の説明


先生とマーガレットの身に危険が迫ります。
先生は思い出のメスで立ち向かおうとします。





 

 

画像の説明


犯人と対峙する先生。

相手は気づいていませんが、「ダッキーにメス」は「鬼に金棒」と同義です。



 

 

画像の説明


2人分の切符を手に、恋人を待つ若き日の先生。






 

 

画像の説明


その切符を取り出す先生。






 

 

画像の説明


まるで映画のワンシーンのようですね。